2007年12月 1日 (土)

シアトリカル 見てきました!

このページは、シアトリカルを見た直後の夜光の感想を載せておりましたが、夜光の能力なさなどのために、うまく書けておらず、望ましくないと判断し、削除いたしました。 一度掲載したものですので、どうしても見たいという方があれば、メールでご連絡下さい。コメントのやりとりは、感想が掲載されていた時のものです。

ちなみに、夜光自身はシアトリカルを見ながら笑い、胸きゅんとなり見ていました。

なんか、妙なページになってしまいましたが、気にしないでいただけると助かります。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

夜光のへたくそな詩でごめんなさい

もうまもなく、「風の又三郎」にあえるようになりますね。!  私は、金曜から中国に半分仕事で行くので、「又三郎」に会えるのは来週なんですが。!

唐さんとは全く関わりないのですが、夜光のへたくそな詩をちょっと公開です。(^^;)

冬に書いた詩です

寒い風に空を見上げる
風が吹き飛ばした雲の後に天の川
あの天の川のところにも風が吹いているかな
その風は寒くても輝いているに違いない
少し寒くても、この風に吹かれて星と一緒に輝いてみたい
星が流れ、僕も流れ
そしてたどり着くのは、誰のとこだろう

夜光はバイクに乗ります

雨の中のハイウェイ
バイクで暗闇を裂くように走る
君が待っていてくれたら
君の笑顔が見れたら
流れ走るヘッドライトの群れが違って見えるだろうに
今は、雨に、にじむ光の群れが寂しさを増していく
この思いと一緒にハンドルを握る
ああ、雨粒の隙間から、ちょっとだけ君の笑顔が見えた気がした

へたくそすぎて恥ずかしいのですが、ちょっと載せてみました (^^;)(^^;)(^^;)ゲゲーなんていわないでくださいね。(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

火曜の夜光(^^;)

今回は、完璧に夜光自身の話です。興味ない方は、笑ってとばして下さいませ(^^;)

火曜日は朝5時起きで仕事しに長野へ。 まずは横浜の家をバイクで飛び出し、第三京浜へ。 第三京浜は言わずと知れた高速道路。 バイクは多摩川料金所にあと200mというところまで来て、なぜか視界に中央分離帯に立つ自転車を押すおじさん。 うーん確か白いすててこ姿だったような。 バイクは時速80Kmで直進中、おじさんは自転車押して横断中。 って、高速道路ですぜ。ここは。 このまま行けば、バイクのまっすぐにおじさんと自転車。 そりゃ大事故ですよ。 鳴らしましたよクラクション。 おじさんはこちら向いて固まってくれました。 そのおじさんの横1mをバイクで抜けていくことができました。・・・が、後ろからトラックとおぼしきクラクションが。 おじさんどうなってしまっただろう。  とにもかくにも、バイクを駐輪場に止めて、無事山手線から新幹線と。

それで、午前中に仕事の上で85才のおばあちゃんとお話。 おばあちゃんは一家9人暮らしだと。 孫がついて歩くんで、孫の相手で休む間なしと笑うおばあちゃん。 「それ、ひ孫でないすか?」と訪ねると、おばあちゃん「そうそう、ひ孫だ」と。 子供は息子を大陸で一人産んだだけなのに、それがこんなに増えて9人家族だと。 うーーん、Big motherですな.。

さらに、夕方に山ン中の小さな町で話した82才のおばあちゃん。  おばあちゃんはその町で生まれて、ずっとその町で過ごして  「遠いところ行った?」と聞いたら行ったていうんですな。 岐阜も愛知もずっと行ったて 「東京は?」って聞いたら、娘が案内してくれたって  今はやりの明治神宮とかに行ったって。 何たって今はやりですから。  「外国は?」には、そんなとこ行ったらみんなたまげちまうって 「僕は東京よりもっと遠くの横浜から今朝来て、今夜帰るんだ」と言ったら、それは話の種になる 横浜からきた人に世話になったなんて話の種になるって笑っていた  最後にばあちゃん、僕に向かって、たっしゃでな長生きしてな っていってた 82才のばあちゃんに長生きしてなって言われちゃいました。 いやいや、なんかとってもほのぼのと楽しい気分、幸せ気分でありました。

韓国の梁山泊の話の続きを待っていた方にはすいません。

ついでに写真も今回は私自身の写真。 2年ほど前の舞台写真です。 イヤ、すいません。P9070095

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

ハードな土曜日

プチベガさん、笛木さん、henkutuさん、そして、エスロビンさん、コメントありがとうございます。  まあ、皆さんからも、自由に書いてよいということで、もう好き勝手に書かせていただきます。 できるだけ、記事の最後におまけ(実はこれがメイン?)ではないですが、芝居がらみの写真や情報を載せるようにしようかと思います。・・・・・守れなかったらごめんなさい。

「唐ファン」を書いていますと、唐組や芝居ばかり追いかけていて、まっとうに仕事をしてないのではと誤解されているかもしれません。 そこで、ご興味があるかどうか、8月27日土曜の私の一日を・・・。 ちょっと、グルメ情報付きです(^^;)(^^;)  でも、今のところ私の職業はネット上ではオフレコにしておきます(^^;)

週に一度は、長野の職場に行きます。職場に9時頃着くために、横浜の自宅を5時半にバイクで飛び出し、朝の風に吹かれながら、第三京浜を抜け、五反田へ。 ここにバイクをおいて、山手線に乗ろうとしたら、すでに乗るべき電車の2分前。 猛ダッシュで、駅へと走り、階段を駆け上がり、「駆け込み乗車はおやめ下さい」のアナウンスを聞きながら、山手線に乗り込み、東京駅へ。 長野新幹線に乗り換え、軽井沢へ。 軽井沢は、観光客でいっぱいでしたが、私は仕事ですので、浮かれている場合ではありません。 そこからローカル線に乗り換え、タクシーにも乗って、長野県の職場へ。 そして、着いたら、仕事、仕事、仕事、で、はっと気づけば、14時前。 やっと仕事が終わり、再び軽井沢へ。 ここには、行きつけの美味しい美味しいそば屋さんがあります。 すぐ次の新幹線が、満車のため50分後の新幹線の席を予約して、駅前のそば屋さん「本陣」へ。CA310164  ここの”どんぐりそば”は絶品です。CA310162 特にとろろそばがうまい。 CA310163 観光地駅前の食べ物屋さんというと、味は二の次のことも少なくない。ところがどっこい、このそばはうまいです。 軽井沢に行ったときは是非、食べてみて下さい。 長野県のそば屋さんは、漬け物が出てくるところが多いのですが、ここでもたいてい出てきます。 これもうまい。 酒が好きな人は、藤村のにごり酒、越乃寒梅、自家製梅酒、等々。 あっ、自家製の梅の尼酢漬けなんかもうまいので、おみやげにどうぞ。夜光と「本陣」とは、全く関係ないのですが、美味しいのでお勧めです。 などと、少々遅い昼を16時前に食べていると、東京のメインの職場からヘルプコール。 「何とかしなさいよーーー」と後輩に電話で言ってみたものの心配であります。 新幹線に乗り、山手線、バイクと乗り継いで、東京の職場に。そのまま、仕事、仕事、仕事、となって、結局職場を出たのは、23時頃。0時過ぎて家に戻り、やっと夕飯にありつきました。めでたし、めでたし。 とまあ、結構がんばって仕事してるんですよ。 28日の日曜も2時間ぐらいですが、ちゃんと職場で仕事しましたよん。 もちろん平日は、フルに仕事であります。 今夜は1時間ほど昼寝をしたので、日曜の夜中にブログを書いているというわけです。 私が忙しくしているからといって、好きでしているのですからどうということもないのですが、どんなに忙しくても、芝居は見れる、唐十郎なら見に行ける!!! です(^^)/(^^)/(^^)/

***本日の一枚**densijyochiketto 部屋をごそごそしていたら、こんな半券が出てきました。社会人2年生の時に、浜松で見たんですよ。「電子城」!!。ビデオがありますが、精神科医ダンの役者さんがダブルキャストで、私が見たのは、ビデオの役者さんとは違う人でした。 大久保さんを見たのは、これが初めてだっように思います。 衝撃でした。 鷹さんのセリフはどうしてあんなに浸透力があるのだろう。 耳に入ってくるんですよね。 このころは、まさか鷹さんと話ができるなどとは思ってもいませんでした。 カセットデンスケで、メタルテープなんぞ使って隠し撮りしたような記憶がありますよ。 そのテープはイヤってほど何回も聴きました。 チケットに当時の唐組の電話番号が記載されてましたが、現在と違うので消しました。(^^;)(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)