« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月24日 (日)

いろいろな話

書き込みが、とても少なく、申し訳ないです。

芝居を見に行く回数が、以前ほどではないとはいえ、それでも、何とか見てますよhappy01

昨年の 唐組 「姉と弟」  唐ファンに写真が掲載されていませんが、ちゃんと見に行きました!! 短時間の舞台でしたが、赤松さんと気田君、二人のダイアローグに魅せられました。 で、どうして、写真がないかですが、あまりの多忙で一度しか見れず、そして諸般の事情より、ビデオ撮影していたからなのです。 ビデオから写真をおこせばよいのですが、まだできていません。m(_ _)m

一月は、梁山泊の「風のほこり」も、もちろん行きました。  毎回ながら鳥山さんのマント姿に惚れちゃいますよね。 梅軒さんと田村さんの豪華な奇々怪々。一緒に踊りたくなるようなリズムの台詞、動きで、奇々怪々の舞台を本当に見たくなってしまいます。   もちろん、梁山泊の役者さん達の磨きのかかった演技は最高潮。 風のほこり が、昭和を舞うのを 本当に見えるような舞台でした。

そして「海の牙」。行ってきました。  大車輪を見つめていた女を捜し続けるなんてたまらないですね。 日本と朝鮮、私たちの血と大地と、隔てるもの。      楽日の時には、仕事で日本におらず、その前の週に一度しか見れなかったのが残念でした。

そして、昨日は、唐さん作品でなく、舞台でもなく、映画ですが、「大鹿村騒動記」を見てきました。 どうしてここに書くかというと、原田芳雄さんは、唐さんの映画「海ほおずき」で、重要な役をやっていたり、唐さんと、とても関わりの深い役者さんだからです。 まだ、あっちの世界に行くには、早すぎです。weep   そして、「大鹿村騒動記」、すごい、面白いです。 とってもおすすめです。 ぜひ、DVDなんかになってからでなく、映画館に足を運んでみてほしいです!!

では、では。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »