« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月24日 (土)

「森の中の海」見てきました(^^)/

23日、スズナリへ  稲荷さんが客演している「森の中の海」を見てきました。 

舞台は、網を一面に張り込み、タイトルどおり「森の中の海」を創出していました。 稲荷さんが台詞を発すると、客はあっという間にその「森の中の海」に引き込まれ、森と海と過去と現在が交錯し、そして、人形と人間が交錯する世界に飲み込まれました。

唐組の世界とは、全く違いますが、稲荷さんファン必見の現代おとぎ話です。

25日までスズナリです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

客演!!客演!

今年の唐組公演は終わってしまいましたが、唐組役者陣の客演が続々とありますよ! 以下の客演情報は「唐ファン」のトップページからリンク張ってあります。 唐組以外での唐組役者陣の活躍を是非是非お見逃しなく!!

すでに私は北九州で見てきましたが、新宿梁山泊「風のほこり」に鳥山さん。 もう本当にほれぼれする舞台です。 その声の良さったらありません。 大きく、そしてささやくように、自由自在に奏でられる唐十郎台本の台詞。 あーもうたまりませんね。 あまりのすばらしさを鳥山さんに伝えたら、喉嗄れて駄目、とのこと。 あれで、喉嗄れなら、嗄れてなかったらどうなっているの!! 台詞と一体の動きがまるで舞踏のようにリズム良く、観客の目をとらえ離しません。 実際、公演後に、出入り口で待っていたかのようなご婦人が、鳥山さんに握手を求めながら「声がすばらしい!」と褒めちぎってました。 舞台での義眼観客トランクを持っての立ち姿も、圧巻です。 もちろん「風のほこり」自体、すばらしいできで、渡会さんのすっかり板についた演技に惹かれました。 秘密兵器、梶浦さんも素敵です。 

稲荷さんは、人形と競演!! 結城座に出演であります。 もちろん、チケット申し込み済みです。 あの稲荷さんと、人形の掛け合いはめちゃくちゃ楽しみです。 昨日の読売新聞夕刊にも、大きな記事が載ってました!

そして、つい最近入った情報で、久保井さん、辻さんが、新転位21に客演です。 久保井さんは、モチーフとなった少年A酒鬼○薇の父親役だそうです。 これは、これは見逃せませんぞ。

ところで、夜光は、日曜日に、久保井さんが2回客演した庭劇団ペニノの座長&演出家タニノクロウの外部演出する「野鴨」を見てきました。 台本(作イプセン)自体は、ちょっと好きになれませんでしたが、古典を壊さずにタニノワールドを融合させ、芸達者な役者が目の前で物語を着々と作り上げていく舞台には、なかなか引き込まれました。 演出が付け加えたらしいプロローグとエピローグの豆さんの存在が、強烈に光っていたことも印象的でした。 北千住で今月いっぱい上演しています。 古典が好きな方にも、ペニノ好きな方にも、新鮮な光を見つけ出させる舞台で、一見の価値ありです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

楽日から一週間

「眠りオルゴール」の楽日から一週間ですね。 というより、熱狂の2ヶ月、三色出で立ち公演から、一週間です。

 「眠りオルゴール」は、唐組役者陣の圧倒的な実力、存在感を見せつけてくれました。 私は、今回の「眠りオルゴール」だけでも、6回見ましたので、さすがにあらすじは分かりましたが、分かれば分かるほど深みにはまり、さらに深く覗きたくなる、唐ワールドのすごさを感じるばかりです。 この作品は、「糸姫」からの書き換えということですが、一幕の一部(今回の鳥山さんの独白とか)に、その名残があるだけで、事実上新作といえる傑作です。 本当に、素敵なシーンの目白押しでした。 歌もメチャクチャいいし、唐さんもたくさん出てくれるし(でも、まだ見たりないーー)、鳥山さんと看護婦たちのドリアングレーをめぐる問答なんか、謎だらけだけど、とっても面白いっ、丸山君のレイテのくだりはその熱い語りに何度聞いても大興奮(カタリーー、カタリーーとカセットテープの曲が奏でる)、久保井さんは登場シーンは少ないのになぜに夏川こんなに記憶に残っちゃうんだろう、辻さんはもう存在自体が爆弾、藤井さん稲荷さんのエピローグは、過去と薬物の渦巻く嵐の後の静かで、じっと熱をはらんだ、懐かしく切なく優しい、オルゴールの奏でる、稲荷さんの歌声、藤井さんの「とうちゃっ!」の声、・・・・また見たくなって来ちゃいました。

ところで、写真展は10月21日に終わりましたが、まだ私の心には余韻が・・。下に写真展の様子をとりあえず一枚だけ掲載します。 遠方などで来れなかった方、こんな写真展でした。 また、きちんと写真展の様子や唐さんに書いていただいた色紙を掲載したいと思います。 写真展にご来場いただいた方が書いて下さった一言ノートも、掲載したいと思っていますが、事前に許可をいただいてないのでどうしたものか。 お名前を入れなければよいかなと思っています。

Shasinten1

ところで、ところで、4日日曜には、夜光は実は、「風のほこり」見たさで、日帰りにて北九州まで行って来ました。 このレポートも、近日掲載します。 とーーーっても素敵な「風のほこり」でした。遠かったですが、行って見れてよかった。(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »