« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月24日 (土)

風又韓国~日が暮れて

ヤンスーリにたどり着くと、ついに紫龍のテント発見。 中に入れば、金さんに「よく、ここまで来たねー」と声かけられ、皆さんに歓迎してもらいました。 うーーん、しかし「よくぞ、ここまで」は、むしろ僕の方がいいたい。 この巨大なテントを持って、よくぞここまで。 聞けば、テントの搬送もすべて梁山泊のメンバーで行ったとのこと。 連日、ろくな睡眠もとれなず、韓国で病院通いの役者陣続発の中、こうして、芝居を打っている。 すごいです。P1040341   P1040340P1040344 

ヤンスーリはヤンピョン広場P1040359 というところで、お祭りのさなか。 そして、夕方とはいえ、猛熱のさなか。 イヤ、熱かったですよ。 梁山泊メンバーは着々と公演準備を進めます。 会場は午後9時半、開演は午後10時。 驚異的な夜中の公演。 

激しい熱さの中、テントの横を見ると、長蛇の列。 まだまだ、会場には早い時間。 そうです、この前の記事に掲載したナント”鷹さんのかき氷屋さん”!!!! もう大勢が並んで、客も鷹さんも大喜び。

P1040357

P1040361

P1040355 ゆっくりと日が暮れて行く中、感動のエンディングを創り出すクレーンのセッティング、韓国料P1040354理の夕飯~日本食が食いテーって劇団員の誰か~ 、祭りの宴の光や音があちこちから響いてきます。 そして、最後のリハーサル。P1040365

周りは暗く、でもテントには激しい熱気がオーラのように光り出している。韓国のべっぴんさんたちが受付の準備を進めいよいよ会場が迫ってくる。P1040366 P1040367 P1040368 P1040369 P1040373 P1040374

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

超レアお宝写真

前回の記事は、私の日記で失礼しました(^^;)

今回は、超レアですが、とーーーてっもお宝な韓国での写真です。 すごくかっこいいと私は思うのですが、どうでしょうか。P1040353 P1040370 その時の話はまた別に書きますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

火曜の夜光(^^;)

今回は、完璧に夜光自身の話です。興味ない方は、笑ってとばして下さいませ(^^;)

火曜日は朝5時起きで仕事しに長野へ。 まずは横浜の家をバイクで飛び出し、第三京浜へ。 第三京浜は言わずと知れた高速道路。 バイクは多摩川料金所にあと200mというところまで来て、なぜか視界に中央分離帯に立つ自転車を押すおじさん。 うーん確か白いすててこ姿だったような。 バイクは時速80Kmで直進中、おじさんは自転車押して横断中。 って、高速道路ですぜ。ここは。 このまま行けば、バイクのまっすぐにおじさんと自転車。 そりゃ大事故ですよ。 鳴らしましたよクラクション。 おじさんはこちら向いて固まってくれました。 そのおじさんの横1mをバイクで抜けていくことができました。・・・が、後ろからトラックとおぼしきクラクションが。 おじさんどうなってしまっただろう。  とにもかくにも、バイクを駐輪場に止めて、無事山手線から新幹線と。

それで、午前中に仕事の上で85才のおばあちゃんとお話。 おばあちゃんは一家9人暮らしだと。 孫がついて歩くんで、孫の相手で休む間なしと笑うおばあちゃん。 「それ、ひ孫でないすか?」と訪ねると、おばあちゃん「そうそう、ひ孫だ」と。 子供は息子を大陸で一人産んだだけなのに、それがこんなに増えて9人家族だと。 うーーん、Big motherですな.。

さらに、夕方に山ン中の小さな町で話した82才のおばあちゃん。  おばあちゃんはその町で生まれて、ずっとその町で過ごして  「遠いところ行った?」と聞いたら行ったていうんですな。 岐阜も愛知もずっと行ったて 「東京は?」って聞いたら、娘が案内してくれたって  今はやりの明治神宮とかに行ったって。 何たって今はやりですから。  「外国は?」には、そんなとこ行ったらみんなたまげちまうって 「僕は東京よりもっと遠くの横浜から今朝来て、今夜帰るんだ」と言ったら、それは話の種になる 横浜からきた人に世話になったなんて話の種になるって笑っていた  最後にばあちゃん、僕に向かって、たっしゃでな長生きしてな っていってた 82才のばあちゃんに長生きしてなって言われちゃいました。 いやいや、なんかとってもほのぼのと楽しい気分、幸せ気分でありました。

韓国の梁山泊の話の続きを待っていた方にはすいません。

ついでに写真も今回は私自身の写真。 2年ほど前の舞台写真です。 イヤ、すいません。P9070095

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

唐組「カーテン」 チラシ

唐組秋公演「カーテン」のチラシが届きました!! 「唐ファン」サイトに掲載すべきですが、メチャ忙しくて、ままなりませんので、とにもかくにもここに載せます! 稽古は順調とのことです。 

すごく楽しみ、とても楽しみ、いやはや何とも楽しみ、あーっもうー待ちきれない !!!

でも、私は初日にはいけないのです(T_T) 二日目に行きます(^^)/(^^)/(^^)/chirasi1 chirasi2 chirasi3 chirasi4 chirasi_all

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

近大の又三郎

韓国で又三郎に、まさに会えるというお話しまでしたところで、こちらは、近畿大学の又三郎です!!!!  10月20日~23日 シアターブラッツです。

MODEの松本修氏が演出を手がけ、近畿大学の演劇・芸能専攻科の学生さんの卒業公演として公演された「唐版 風の又三郎」!!! 傑作とのことでしたが、残念ながら私は見ることができないでいました。 それが、東京公演に来ます。 私は、楽日の日曜に見に行く予定です(^^)/。 kazehyousi kazenaka

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

又三郎を捜して韓国へ!

ブログを始めたら、梁山泊の「唐版・風の又三郎」を見に行った、韓国旅行を書こうと思っていましたので、第一弾からスタートでーーす。

今回は、8月5日南揚州(ナムヤンジュ)公演の話、第一弾です。 

4日の夜に、ソウル入りしていた私は、5日、偶然2年前に一緒に芝居をやった友人が二人ずれでソウルに来ていたので、ミョンドンでお昼を食べ、P1040326 ソウルタワーなんぞを見ていました。 P1040333 ナムヤンジュ公演は、なんと!夜10時からと聞いていたので、昼は余裕でした。 しかし、タクシーやバスを乗り継いでいかねばならないと聞いていましたし、3時間ぐらいかかるかもともいわれていて、ちょっと不安。 もちろん、韓国語は一言もできません。で、不安、不安。 梁山泊のところに電話して、HISの人が書いてくれたハングルメモが一つあるだけで、とっても不安。(^^;) CA310142 メモには、タクシーでチョンヤンギというところへいって、そこから何番だかの番号のバスに乗って、終点のヤンスーリというところへ行くようにかかれていました。 が、昼食を食べた友人たちは、添乗員にバスだけは乗らないようにといわれたとのこと。 バスには日本語も英語も全く書かれていないことがあるので、どこ行っちゃうかわかんないから と、いうことでした。 ハハハハ。 地図を調べようにも、日本で買っていったガイドには全く載っていません。 要するに全くわからん所なんです。 ソウル市内の宿泊ホテル(豊田ホテル)で、とりあえず荷物整理していざ出陣。 ホテルで、タクシーを呼んでもらってメモを渡すと、「6千円でヤンスーリまで行くから、バスなんか使わずにこのタクシーで行け」という意味のことを、笑顔の運ちゃんに言われました。 言われたっていったって、運ちゃんも日本語少々、英語はからきし、私はというと英語小少々(^^;)、韓国語からきし。 ですから、まあ、ビジュアルランゲージですな。 で、とにかく、”又三郎”に出会わないことには、なんのために韓国へ来たのか分からないので、もう、行っちゃって頂戴っと、うまくいえないので、「OK、Ok、Let's go!!」と言ったような言わないような。 タクシーは、漢江(でっかい川ですよーー)の脇をドンドンドン北上し、P1040336 そのうち、山の中へ入っていき、約70分というところでしょうか。 P1040337すごくきれいな川のような湖にかかった橋をわたると、 広い野っぱらのような公園で、なにやらお祭りしていて、アドバルーンも上がってます。P1040824   タクシーの運ちゃんに、笑顔で「私は最高のドライバーだろ」と催促され、約7千円ほどわたして、降りました。

そして、そして、その公園の奥に行くと、あああああーー、夢にまで見た紫龍テント!!!・・・・・・・・・・

P1040814P1040813続く・・です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

唐ゼミ新国立!

これから年末にかけて、唐十郎作品はいくつか上演されますが、唐組の「カーテン」に先立って、まず唐ゼミの新国立劇場公演があります。 煉夢術という新人公演がありましたが、本公演としては唐ゼミが大学のゼミではなく独立した劇団として、初の公演です。 そんなことで、いつにも増して気合いが入ってがんばっているようで、相当楽しみな公演です。 唐組の久保井さんも強力にアシストしているようです。 「盲導犬」と「黒いチューリップ」、それぞれの劇中歌が頭の中をぐるぐる回ります。 私は、「盲導犬」で先生が研修生を引き連れての歌のシーンがどうしても忘れられず、それが見たい一心で以前3度目の舞台に足を運んだのでした。  すでにチケットは即日完売状態だそうですが、当日券があるとのことです。 唐ゼミサイトから、下に抜粋しておきました。 詳しくは唐ゼミサイトへ。

Z席1,500円 
公演当日のみボックスオフィスとチケットぴあ一部店舗にて販売。電話予約不可。

当日学生割引券 
公演当日残席がある場合、Z席を除く全ての席種について学生に限り50%割り引きにて販売。電話予約不可。

~本日の写真~P1040131 P1040133 P1040136 P1040146 P1040177 煉夢術新宿公演の写真です。

みんないい顔してます(^^)/P1040180 P1040186 P1040189 P1040202

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »