トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

「カーテン」情報

唐組次回作「カーテン」の予約葉書が、皆様の手元に届き始めたようですね。 私が、知っている「カーテン」情報は、8月3日に山中湖畔の乞食城で行われた新作発表会を見ただけで、今はだいぶ変わってきていると思います。  私が、新作発表会に行かせていただくのは昨年に続いてこれで2度目。 夏休みが一応一週間とれるのですが、この週あたりに発表会があるだろうと予測してとっておいた日程がぴったり当たり見に行くことができました。

 今回は、水戸ACM劇場の公演のため練習していなかった鳥山さん、稲荷さんは出演されずに新人さんの代役で行われました。 新作発表会で唐さんが自ら出演されることは少ないとのことでしたが、今回は出演されており、唐さんの気合いが伝わります。 一幕はほとんど全部、そして二幕と三幕の一部が演じられました。 唐流独特のコミカルさと切なさの混在に幻惑的な美しいシーン、そして別世界に引きずり込むメールストロームの入り口のようなシーン。 新人も相当がんばっており、しっかりした舞台の緊張感を形作っていましたが、やはり唐組ベテラン陣のものすさまじい存在感は圧倒的。 はっきり言って、これは新特権的肉体論だ!!。 特に私は、力の抜けた自然さと強烈な緊張感を同時に持ち、たまらない切なさを感じさせる久保井さんの姿に魅せられました。 唐さんの鋭い視線は、またもう格別でありました。 藤井さんのシーンは魅惑的幻惑的。 辻さん、赤松さん、真名子さん、多田さんも、さらにさらにです。丸ちゃんが又格別にいい。音響やりながら、よくぞここまで素敵な舞台を!!です。 なんか抽象的な言葉ばかりでごめんなさい。 まだ初日前の作品ですから、具体的なことはなかなか書けませんが、大変楽しみな作品であることは間違いなしです。 

~本日の写真~ P1040252 P1040274 本日の一枚ではなくて、二枚です(^^)/  「カーテン」の発表会の写真をのせるのは反則な気がしますが、どういうシーンかのコメントもなく、ただ写真載せます。これ見るだけで、もう、紅テントに行きたくてたまらんでしょう(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

ハードな土曜日

プチベガさん、笛木さん、henkutuさん、そして、エスロビンさん、コメントありがとうございます。  まあ、皆さんからも、自由に書いてよいということで、もう好き勝手に書かせていただきます。 できるだけ、記事の最後におまけ(実はこれがメイン?)ではないですが、芝居がらみの写真や情報を載せるようにしようかと思います。・・・・・守れなかったらごめんなさい。

「唐ファン」を書いていますと、唐組や芝居ばかり追いかけていて、まっとうに仕事をしてないのではと誤解されているかもしれません。 そこで、ご興味があるかどうか、8月27日土曜の私の一日を・・・。 ちょっと、グルメ情報付きです(^^;)(^^;)  でも、今のところ私の職業はネット上ではオフレコにしておきます(^^;)

週に一度は、長野の職場に行きます。職場に9時頃着くために、横浜の自宅を5時半にバイクで飛び出し、朝の風に吹かれながら、第三京浜を抜け、五反田へ。 ここにバイクをおいて、山手線に乗ろうとしたら、すでに乗るべき電車の2分前。 猛ダッシュで、駅へと走り、階段を駆け上がり、「駆け込み乗車はおやめ下さい」のアナウンスを聞きながら、山手線に乗り込み、東京駅へ。 長野新幹線に乗り換え、軽井沢へ。 軽井沢は、観光客でいっぱいでしたが、私は仕事ですので、浮かれている場合ではありません。 そこからローカル線に乗り換え、タクシーにも乗って、長野県の職場へ。 そして、着いたら、仕事、仕事、仕事、で、はっと気づけば、14時前。 やっと仕事が終わり、再び軽井沢へ。 ここには、行きつけの美味しい美味しいそば屋さんがあります。 すぐ次の新幹線が、満車のため50分後の新幹線の席を予約して、駅前のそば屋さん「本陣」へ。CA310164  ここの”どんぐりそば”は絶品です。CA310162 特にとろろそばがうまい。 CA310163 観光地駅前の食べ物屋さんというと、味は二の次のことも少なくない。ところがどっこい、このそばはうまいです。 軽井沢に行ったときは是非、食べてみて下さい。 長野県のそば屋さんは、漬け物が出てくるところが多いのですが、ここでもたいてい出てきます。 これもうまい。 酒が好きな人は、藤村のにごり酒、越乃寒梅、自家製梅酒、等々。 あっ、自家製の梅の尼酢漬けなんかもうまいので、おみやげにどうぞ。夜光と「本陣」とは、全く関係ないのですが、美味しいのでお勧めです。 などと、少々遅い昼を16時前に食べていると、東京のメインの職場からヘルプコール。 「何とかしなさいよーーー」と後輩に電話で言ってみたものの心配であります。 新幹線に乗り、山手線、バイクと乗り継いで、東京の職場に。そのまま、仕事、仕事、仕事、となって、結局職場を出たのは、23時頃。0時過ぎて家に戻り、やっと夕飯にありつきました。めでたし、めでたし。 とまあ、結構がんばって仕事してるんですよ。 28日の日曜も2時間ぐらいですが、ちゃんと職場で仕事しましたよん。 もちろん平日は、フルに仕事であります。 今夜は1時間ほど昼寝をしたので、日曜の夜中にブログを書いているというわけです。 私が忙しくしているからといって、好きでしているのですからどうということもないのですが、どんなに忙しくても、芝居は見れる、唐十郎なら見に行ける!!! です(^^)/(^^)/(^^)/

***本日の一枚**densijyochiketto 部屋をごそごそしていたら、こんな半券が出てきました。社会人2年生の時に、浜松で見たんですよ。「電子城」!!。ビデオがありますが、精神科医ダンの役者さんがダブルキャストで、私が見たのは、ビデオの役者さんとは違う人でした。 大久保さんを見たのは、これが初めてだっように思います。 衝撃でした。 鷹さんのセリフはどうしてあんなに浸透力があるのだろう。 耳に入ってくるんですよね。 このころは、まさか鷹さんと話ができるなどとは思ってもいませんでした。 カセットデンスケで、メタルテープなんぞ使って隠し撮りしたような記憶がありますよ。 そのテープはイヤってほど何回も聴きました。 チケットに当時の唐組の電話番号が記載されてましたが、現在と違うので消しました。(^^;)(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月27日 (土)

どうしましょう

このブログはどう展開していこうかまだ相変わらず決まりません(^_^;) 一応、唐さんや芝居とは関係ないことも、書いていこうかと思っていますが、どうなることやら。 「唐ファン」サイトの中ではないので、お気楽に私の好き勝手に書かせていただこうかと・・・。 とはいえ、唐さんや芝居抜きでは、私自身が成立するかどうかあやしいので、やっぱり、おのずと記事の中心は・・・・・です(^^)/  それにしても、更新が楽チンですね。

  P4210005「唐ファン」サイトを作ったのは、確か糸女郎の少し後だったような。(ちゃんと調べずにドンドン書いちゃいます)それで、最初はトップページに糸女郎岡山公演の時に撮った紅テントを載せていたように覚えています。その次の写真は、糸女郎岡山公演終了後に遠く輝く岡山城でP4210146す。 さらに、サイトには載せなP4210086かった写真。唐さんと稲荷さんでーーす。

あっと、エスロビンさんさっそくの書き込みありがとうございます。って、ブログは返事とかここに書くんじゃないのかなーーー?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

ソウル公演写真

P1040904 ソウル公演の結宥花さんと大貫さん いいでしょう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

とりあえず

まだ、どう運用するかも決まってないまま、とりあえずあまりにも当たり前のネーミングでスタートしてみました。

以下は、「唐ファン」サイトを調整するために平成19年8月5日にアップした動画です。 

「yami1.wmv」をダウンロード 「doronin1.rm」をダウンロード 「doronin1.wmv」をダウンロード 「okusanzeniwo.wmv」をダウンロード 「otukai.wmv」をダウンロード 「lastkougi1.wmv」をダウンロード 「lastkougi1.rm」をダウンロード

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »